次のライブ

LIVE IN「BAOBAB」  | 2019/9/22(日)

演奏: 青木タイセイ(tb.鍵盤ハーモニカ)、板垣武志(g)、坪根剛介(per)

第8回VAMOSブラジる!? イベントでの演奏です。
ご来場をお待ちしております。

  • 日時: 2019/9/22(日)
  • 場所: world kitchen BAOBAB
  • 場所URL: wk-baobab.com/
  • 電話番号: 0422-76-2430
  • 開演時間: 20:00~20:45
  • 料金: 投げ銭制
最近のブログ

2019・トルコの旅 最終章 3/19(月)、3/20(火) ・再びイスタンブール 3・帰国

最終章 3/19(月)、3/20(火) ・再びイスタンブール 3・帰国

今日はこの旅行の最終日だ。

本来なら午前中にチェックアウトするところなのだが、成田行きの飛行機は日付が変わった午前2時発。
なので、チェックアウトを翌日にしてある。
1日ゆっくり過ごしてから、夜になって空港へ向かえばよいので肉体的にも精神的にもとても楽だ。

午前中は、新市街の名物的なガラタ塔へ行ってみることにした。
大した距離ではない。
午後はお土産のショッピングをすることにした。

朝食は昨日のパン屋へ。
今日はちゃんとお持ち帰りしようと思って、トルコ語で「パケットヤパルムスヌーズ」とやったら通じた。
「パケット」といった時点で持ち帰りと通じたようだった。

IMG_4333.jpg

今日も良い天気だ。
多分午後は暑くなる筈だ。
ガラタ塔はノスタルジックトラムで終点のトュネル駅まで行って、南の方向にある。
トュネル駅までは十分に歩ける距離というか昨日までも歩いていたが、ノスタルジックトラムに1回は乗ってみたいと思っていたので乗ることにする。

乗り場はタクスィン広場の目立たないところにあった。
トラムは毎日24時間歩行者天国のイスティクラール通りを下って行く。
殆ど歩く速度と同じくらいだ。

ノスタルジックトラム
IMG_4223.jpg

車内
IMG_4334.jpg

終点のトュネル駅に降りると、M2のタクスィン駅の次の駅シシハーネ駅が目の前にある。
ここから南の方角にある筈だが、塔というから見えるのかと思ったが、それらしいものはない。
南はものすごい下り坂になっていて、到達できずにこれをまた登ってくるのはしんどいと思いつつどんどん南方向へ下る。
相変わらずそれらしきものは見当たらず、下って行くうちにT1のカラキョイ駅まで来てしまった。
これは明らかに行き過ぎた。

暑くなって来たし、土産を買うついでに聞いてみたらすぐ近くにあった。
塔と言っても高さは70m弱しかないので高さ的にはあまり目立たないのだろうが、その姿形はとても目立つ。
中世ヨーロッパ世界を思わせる姿形だ。

牢獄として使われていたこともあったあるが、うなずける。
IMG_4336.jpg

7階までエレベーターで昇り、9階までは階段だ。
9階の外側にテラスがあり外に出ることができる。
結構混雑していたが、ボスポラス海峡と金角湾を一望することができた。
70m弱と大した高さではないのだが高い場所に建っているので眺望が良いのだ。
家(自宅)と同じだな。

金閣湾の奥の方
IMG_4337.jpg

ガラタ橋
IMG_4341.jpg

鉄道橋とアタテュルク橋
IMG_4343.jpg

金角湾とボスポラス海峡の境目
IMG_4342.jpg

ボスポラス海峡とアジア側
IMG_4339.jpg

IMG_4338.jpg

ガラタ塔最上階レストラン
IMG_4346.jpg

帰りはシシハーネ駅から1駅だけどメトロで帰って来た。
イスタンブールカードというものはとても重宝する。
これでほとんど何でも乗れるのだ。しかも安い。

一旦ホテルへ戻って、午後はイスティクラール通りを中心にお土産を買いに行く。
まだTLも結構持っているのでどこまで有効な買い物ができるか。
今回は現金取引が多くてカードはあまり使っていない。

タクスィン広場の東側には大きい公園がある。
日比谷公園のような印象がある。
周囲はビジネス仕様のような大型ホテルが立ち並び、この辺りも日比谷界隈と似ている。

IMG_4349.jpg

IMG_4350.jpg

IMG_4353.jpg

ボスポラス海峡を臨むカフェなんかもあって落ち着いた雰囲気を作っている。
僕が逗留しているホテルの周囲の下町的雰囲気とは対照的だ。

IMG_4352.jpg

タクスィン広場の方に戻ってくると、一昨日にホテルの場所を探すのに手伝ってもらったおじさんに再び会うことができた。
一昨日とほとんど同じ場所にいて特に何をするといったふうでもない。
覚えていてくれて、感謝の挨拶をした。
とても日本びいきだということが良く分かる。

昼過ぎからはイスティクラール通りをのんびりと土産物買いに行き来する。
食料品や日用品関係は近所の24時間営業らしい激安スーパーにしようと決めてある。

ランチはやっぱりドネルケバブ
IMG_4354.jpg

イスティクラール通りは平日でもすごく賑やかだ。

IMG_4355.jpg

名物のムール貝、米も入っている。
IMG_4356.jpg

スパイスも欲しかったので目をつけていた店に行くと、10種類ほどのスパイスが詰め込まれたスパイスセットがお得と勧められ即決定。

IMG_4357.jpg

この通りは、表通りと横丁のバランスがとても良くて本当に楽しめる。
表通りも高級そうな店から激安衣料品店までバラエティーに富んでいて色々と選択できる。

これから戻って21時を目途に出発すればよい。
夕食は空港のラウンジで済ませれば良いから、かんたんに屋台の栗とゴマパンを買って、宿でビールとワインで一休みする。

近所の激安スーパーで日用品関係や食料品のお土産を思いっきり買う。
アルコール以外は何でも揃っていて安いし、その上日本人にとっては結構珍しいものが多いのでので、こういうところでたっぷりと買い物をするのはとても楽しい。

お世話になった激安スーパー
IMG_4347.jpg

21時頃出発しようと思っていたが、何だかんだあるといけないから20時過ぎには出発。
支払は終わっているのでこのまま出ていけば良い。
こういうチェックアウトの仕方は気楽だ。

空港まではメトロで1回乗り換えるだけ。安い。
行きの60€は一体何だったのだ。
未明といえボりすぎではないか。
空港内に事務所を構えているとはいえ、空港タクシーは高い。

そもそも約束していたホテルからの迎えが来ないことが悪いのだ。
25€で行けたはずなのに倍以上かかってしまった。
件のホテルは眺望というものは無いに等しかったし、迎えが来なかったことに対しての謝罪も反省も無いし、部屋がまあまあだったということとロケーションが良かったに対して星一つだな。
エアチケットに付いてきたホテルというのはこんなものだろうか。

後のホテルは、ギヨレメ、デニズリ、ここイスタンブールのタクスィンも皆とても良かった。
特にデニズリはもう何泊かしたくなる魅力的な街だったのが、意外な拾い物だった。
ギヨレメはホテルの存在感とサービスが抜群だったし、タクスィンの下町的情緒とロケーションの良さ、部屋の快適さもとても良かった。

アタテュルク空港駅で荷物のチェックを受ける。
中味まで見られた。
やはりテロの可能性が高い場所なのだろう。
都会では、スーパー、バザール、メトロ、観光施設、ジャーミー等々どこでもチェックが厳重だった。
駅から長い連絡通路を通って空港施設に着く。

もうチェックインが始まっている。
自動チェックイン機を使おうと思ってやり方を聞こうとしたら、訳知り顔のおじさんが、日本行きなら俺が全部やってやるから任せろと、空いているカウンターへ案内された。
他のカウンターはあんなに並んでいるから大変だよなどと言いながら、座席の指定から何から何までやってくれた。
何故かここだけ待っている人がいない荷物預けカウンターで荷物も預けた。
土産を随分買ったつもりだったが預け荷物の重量は15kgとかなり余裕。
親切な係員だなと思っていたら、50TLだと。
200TL以上余っていたのでチップのつもりで良しとしたが、初めから言ってくれよ。
あのおじさんは何なんだろうか。
カウンターの職員ともツーカーのようだったし、トルコ航空の職員なのだろうか。
だとしたら、金を受け取ることは許されるのだろうか。
是非、トルコ航空に聞いてみたい。

ま、何はともあれチェックインを無事に済ませて、ラウンジでゆったりと食事と休憩。
いつも思うのだが、ラウンジは本当に重宝する。

11時間30分ほどの空路、ほぼ定刻の翌火曜日19時20分成田空港到着。
なかなか荷物が出てこない。
あのおじさんだったしなと少し不安になるが、ここは日本だ。
無事に荷物も出てきた。
入国は顔認証のみでスタンプ省略だが、係員が暇そうなので押してもらう。
こういうところは日本のサービスはさすがだ。
係員の感じも良いし。

今回はどこも痛くならずに帰ってくることができた。
やはり直行便を使うとか、余裕のあるスケジュールを立てたことが幸いしたのだろうか。

機内食2題
IMG_4358.jpg

IMG_4359.jpg

東と西が交わる街、東西南からの交易の中心地、イスタンブール、イスラム教とキリスト教遺産が同居している国、古代、中世の歴史の残滓がそこら中に転がっているトルコ中部、食事は美味しいし、親日本人的。
勉強にもなったし、勉強する気にもなったし、新しい視点が拓けたような気がする。
トルコという国を好きになったし、イスラム教のことをもっと知りたいという気にもなった。
とても有意義な旅だった。

心残りはメフテル軍楽隊の演奏を聴くことができなかったこと。
次は絶対に聴いてみたい。

お知らせ

2019/08/29

2019年9月のライブ情報

2019年9月のライブ情報を掲載します。
今月は、毎年恒例となった第8回VAMOS ブラジる!?が開催されます。

2019/06/28

2019年7月のライブ情報

2019年7月のライブ情報を掲載します。
今月は、茅ヶ崎の初めての場所で演奏します。
楽しみです。

2019/05/08

2019年6月のライブ情報

2019年6月のライブ情報を掲載します。